<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

カードをおくる季節なかんじで

昨年であった、デンマークのおともだちに、クリスマスAND正月カードを、送りたいと思い
住所を尋ねようと、フェイスブックたるものを、3ヶ月ぶりくらいに開いて
そのともだちのページに、くっりく、飛んで
メッセージを書いたんですけれども。


ちなみに、フェイスブックとは、ミクシーみたいなやつのこと。



そこの、ともだちの、スペースというとこにある、最近のと思われるその人たちの写真をしばし眺め
なんか
切ないんだか、なんなんだか、遠いところをおもうというか、思い出すでもないのだけれど
なんか
「ああ、そうか」
ってゆう。
そうゆう気持ち。
ネガティブなわけでもポジティブでもない クチュっ てした気持ち、ね。



あれから1年がたとうとしていて、確実に日々は時間は過ぎているわけで、流れているわけで、
日本でもデンマークでも確実に時間は流れているわけで、また冬がきて、クリスマスなわけで、
なんか急にすっごい不思議なこの感覚。

否・感傷的 な気分なんですけども。
ふ・し・ぎ、ね。時間とか空間とか、距離?
なんか面白くてふーしーぎーーー。


むすび、みたいなのは下せないんですけど、ただこの感覚をなにか記しておきたかっただけ!



週末に、頑張れば行ける距離にあればいいのにと思う、けれど、そんな距離じゃないから、良いのかしら?どうなのかしら?

もういちど噛締めたい気分です。かみかみしがしが。
[PR]

by ohirune_time | 2009-11-28 03:23 | デンマーク  

紅の豚 見たいっす

プロフェッショナルの再放送
宮崎駿さん

涙がでてしまうよ


こころにふれました。








自分のなかの、真珠のつぶみたいなきらきらのところ、やさしく撫でてあげたい。










勝手におとなぶるのやめよう!ばかみたい!
[PR]

by ohirune_time | 2009-11-17 02:57 | 日々徒然と  

山をこえ、また山へ。

合宿とゆうひとつの山場をのりきった!

発表の終わったあとのビールの美味しいのなんのって!!

苦しくてしんどくて厳しいけれど、得るものの多い合宿でした。

読んで読んで、分からなくて、書いてみて、やっぱり駄目で、考えて考えて、文字とにらめっこして、苦しくて、うなって、その末に、発表当日の明け方に見つけ出した答。(答、て表現ちょっと違うけど)
「悟ったー!」て研究室で叫んでしもうたわ。

いや実際は、全然そんな域にはマダマダ達していないけど、そうゆう気分だったのです。

自分が選んだテーマを、掘り下げて深めて向き合う、修論を書くとゆう自分との戦い。しんどいけれど、同時にあるその楽しさとエキサイティングさを、やっと見出すことが出来ました。卒業3ヶ月前にして。

合宿で、先生のコメントとか話とか伺って、改めて凄いお人やと思いました。
その知識・視点の深さと広さと、頭のキレの良さと、伝える能力の高さと、自分の生徒への愛情と。

大学院に入った意味はあったんだろうか…って実は思ってしまってた時が多々あったんだけど、今回の合宿を通して、「大学院に入って、先生のもとで勉強出来て良かった」って凄く感じた。

そして先生は、私がデンマークへ行ったネガティブな意味もご存じだった。全てお見通しなのだな。
そのうえで、「ちゃんとゼミに帰ってきて、ちゃんと研究に向かいあって、嬉しい。今日の発表を聞いて安心した。」というような内容を、恒例の飲み会で先生とマンツーマンでお話し出来ました時に。


ひじょうに久しぶりに、精一杯、逃げずに頑張りました。
研究室に泊まり込み、食事も文献読みながら食べ、風呂も入らず、寝ず。
逃げずに戦うことも、大切ね。

そして光栄にも、発表に対しお褒めの言葉やポジティブな言葉を頂いて、嬉しい限りですよー。ご褒美やね。


今日は安堵感と解放感と嬉しさでウハハデス◎
でもそれ引きずったら確実に痛い目見るし、説教受けるしなんで、明日からまたエンジンかけます。


とゆう、何度も開眼した合宿なのでした!楽しかったです。楽しいのんがええんです。


おまけ:飲み会は4時まで続き、ほんと色んな方と楽しく話せて面白かった!
[PR]

by ohirune_time | 2009-11-01 17:24